開始日を理解して避妊が出来るアフターピルについて

アフターピルは様々な理由で望まない妊娠をしてしまう可能性があったり、避妊に失敗してしまったときに利用する緊急の避妊薬です。受精卵が子宮内に着床することを防ぐ目的の薬で、女性用ホルモン剤です。望まない妊娠が起こりそうなときや、避妊に失敗してしまった後の72時間以内に服用することが大切です。72時間は受精してから着床するまでの期間である一週間よりも早く生理を起こすためなので、妊娠の準備をする開始日までの24時間以内に服用することがベストとされています。
一般的なピルよりも女性ホルモンの量が多く、エストロゲンとプロゲステロンを摂取することで強制的に妊娠が出来ない状態にします。一定期間内に服用することで卵管や卵巣、子宮内膜に作用します。排卵や受精、着床など妊娠する要因を全て阻止するようになっています。日本のアフターピルには2種類あり、ノルレポ法とヤッペ法です。ノルレポ法は厚生労働省は緊急用の避妊ピルとして許可したもので、副作用が少ないのが特徴です。飲み忘れてしまうことや、吐き気などを抑えることが出来るのが最大の魅力です。ヤッペ法は現代ではあまり使われていないもので、女性ホルモンの量も多いです。どちらも開始日を理解して正しく服用することで、大きな効果を得ることが出来ます。
飲み方は2回に分けて服用して、妊娠してしまう可能性がある72時間以内に一度飲みます。さらに1回目の服用から、12時間後に飲むようにします。ホルモン剤の投与が早ければ早いほど効果があるので、出来るだけ早めに飲むようにします。アフターピルの開始日から数えて3日から数週間で生理が来れば、避妊が成功したということになります。子宮内膜を剥がして着床させなかったということなので、妊娠を回避することが出来たということになります。

ページトップへ