生理中に飲むアフターピルは保険適用できる?

ピルは、避妊を目的として服用する避妊薬です。

避妊だけでなく、生理の症状が重くて大変な月経困難症やPMS、子宮内膜症の軽減など、女性特有の体の不調に効果があります。

生理周期を28日間として、生理期間を除いた7日間以外の21日間毎日飲むことで避妊効果を発揮するのですが、薬を服用しない生理期間、つまり休薬期間であっても、それまで飲み忘れることなく正しく飲み続けているのであれば休薬期間のあいだも避妊効果が持続しています。

しかし、それは普段からピルを服用している人の場合の話であり、排卵が終わったから大丈夫と言って生理中に避妊せずにセックスをしたら妊娠する可能性もあります。

生理中だからといって必ずしも妊娠しないとは限らないので、妊娠したくないのであれば避妊するようにしましょう。

生理中にも妊娠する可能性があることを知ってなんとかしたいと思ったときは、婦人科でアフターピルを処方してもらうのが良いでしょう。

アフターピルは、避妊がうまくいかなかった時に服用して妊娠を回避する緊急避妊薬です。
72時間以内に飲むことで効果を発揮しますが、飲むのは早ければ早い程良いとされています。

ただ、アフターピルの処方には保険適用はできずすべて自己負担になります。
普通の毎日飲み続けるピルも、避妊目的であるのなら基本的には保険適用になります。

例外として、月経困難症や子宮内膜症、PMSが日常生活に支障が出るほどひどい場合には、病気と判断されるので保険適用できることもあります。

アフターピルは、最近ではネット通販でも購入できるようですが、届くまでに時間を要するため、やはり婦人科で処方してもらうのが一番早い方法と言えます。

ただ、アフターピルを服用したからといって100%避妊できるわけではないので、数日、あるいは3週間以内に生理が来なかった場合は妊娠している可能性もあるので早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

ページトップへ