アフターピル処方時の検査と費用について

「アフターピル」とは、緊急避妊薬のことです。避妊に失敗した際に、望まない妊娠を防ぐために服用する薬です。
アフターピルは、性交後72時間以内に服用することで効果が発揮されます。72時間以上過ぎると効果は期待できません。
アフターピルによって排卵を抑制したり、子宮内膜をはく離することで、受精卵の着床を防ぎ、妊娠回避させることができるしくみとなっています。一般的な副作用として、吐き気が報告されています。
アフターピルの種類は主に2種類あります。従来より処方されている2回服用するヤッペ法と、1回服用する方法です。処方するお薬が異なり、1回服用のピルのほうが、吐き気や嘔吐などの副作用が少ないとされています。、又、避妊効果も高いという結果が出ています。
アフターピルは、産婦人科などの専門医療機関で処方が可能です。保険適用外なので、自由診療となり、自費での支払いとなります。2回のみのヤッペ法のピルの費用は、7000~12000円が相場とされており、1回のみのピルの費用は、15000円~20000円が相場とされています。医療機関によって、費用の設定は、全く異なるので事前に問い合わせておくと良いでしょう。
又、アフターピルを処方する際に、検査は必要ないので、問診のみで終了します。 しかし、少しでも現時点で、妊娠の可能性がある場合には、アフターピルの処方ができないので、妊娠の有無の検査を行ってから、処方する場合もあります。又、ピルを服用後、数日経過しても生理が来ない場合は、妊娠している可能性があるので、必ず医療機関での検査が必要となります。
アフターピルだけに頼らず、日頃より、パートナーと一緒に避妊を心がけることが、一番の妊娠防止となります。

ページトップへ