アフターピルよりも低用量ピルがおすすめ

アフターピルとは、性交後に避妊具のコンドームなどが破れていた時や、無理矢理の性交を強要されるなどして、望まない妊娠の危険を感じた時に、性交後に服用することで、生理を引き起こすホルモン剤です。生理を起こすことで、もしも受精卵ができていたとしても、その受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぎます。これにより、妊娠を成立させることを防ぐ、ということが可能になります。

このアフターピルは、個人で輸入して手に入れることもできますが、性交後72時間に飲まないと効果がないということから、輸入するよりも素早く手に入れることができる、産婦人科での受診が必要になります。「産婦人科に行くのはできれば避けたい、どんな検査をするのか不安」という方もおられるかもしれませんね。しかし、安心してください。アフターピルをもらうには、とくに大掛かりな検査などは必要ありません。ただ「緊急避妊したいのですが」と伝えれば、処方してくれる産婦人科がほとんどです。もしもあなたの身に、緊急避妊が必要になった場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

さて性交後に、「アフターピルを焦ってもらいに行くことを避けたい、度々もらいに行かないといけないのはめんどくさい」という場合には、日頃から「低用量ピル」を服用することをおすすめします。とくに「産婦人科が遠いから、交通費もかかるし度々行くのは避けたい」という方にはおすすめですね。低用量ピルは、毎日同じ時間に定期的に飲むことが必要なホルモン剤です。

そのため、低用量ピルをもらうためには、薬が無くなる度に産婦人科に通い続けなくてはならない、という手間はありますが、緊急で産婦人科に行かなくても良いので、気は楽になります。「今は妊娠したくない」という女性の方は、低用量ピルの服用を検討してみるのも良いでしょう。

ページトップへ