アフターピルは産婦人科で処方してもらえます

アフターピルは、日本でも少しずつ使用する女性が増えていますが、外国では以前から女性には馴染みがあるもので、すでに広く使われています。避妊に失敗したときや、避妊をせずに性行為をしたときに、妊娠を緊急で回避するために使われています。性行為を行ってから72時間以内に服用すれば、高い確率で妊娠を回避することができます。性行為を行ってアフターピルを服用するまでの時間が短ければ短いほど、避妊ができる確率が高まります。アフターピルは、ホルモンバランスを調整することによって、子宮内膜に受精卵が着床しないようにしたり、排卵を遅延させることができ、それによって妊娠を回避することができます。アフターピルは薬の一種ですから、体質によっては嘔吐や頭痛を引き起こすことがありますし、ホルモンバランスを調節するため、むやみに服用するのは避けたほうがいいでしょう。アフターピルは、個人で使うためであれば個人輸入をして使用することが許可されていますが、手っ取り早く手に入れたいときは、産婦人科で診察を受けてから処方をしてもらうといいでしょう。アフターピルにはいくつか種類がありますが、産婦人科では体質や症状などに合ったものを処方してもらうことができます。服用の仕方も相談できますし、副作用があった場合や効果についても詳しく説明をしてもらえます。産婦人科によっては、処方したアフターピルを使って月経痛の軽減や月経サイクルの乱れを調整することも行っています。アフターピルは子宮内膜を厚くしないように促すので、月経量の減少につながり、月経過多による貧血を改善することができます。子宮内膜症の予防にもなりますし、月経痛を軽減させることもできます。

ページトップへ